頭金ゼ口

不動産の転売、つまり、買ったらすぐに買値より高い価格で売ることが、富を増やす方法だと考えている人が多い。そう強く信じているのは運よくその方法で儲けてきた人たちだ。しかし、それは株式市場でデイトレードをしているようなものだ。簡単ではないし危険も大きい。不動産投資とはそういうものではない。

「頭金ゼロ」は、言い換えれば物件が100パーセント融資対象になるということです。それは、キャッシュフローのかなりの部分がもし全部でなければの話だが毎月の支払に充てられることを意味する。頭金ゼロの取引では、貸し手のリスクが大きくなるので、借り手はそれだげ高い金利を支払うことになり、ローンコストも上がり、物件をリフォームするどころか、たとえ何かが壊れでも修繕するお金すら残らない。この不動産投資モデルでは、物件の運営を改善し、キャッシュフローを増やして儲けようとするのではなく、物件価格が上昇して儲りることを当て込んでいる。外部要因がベストの状態であることを当てにしているので、相場が高騰し、最高のタイミングをつかめるように祈る。物件価格を引き上げることができるのは、キャッシュフローを改善できたときだけだ。このシナリオでは、あなたが主導権を握れる余地はまったくありません。

うすうす気づいている人もいると思うが、頭金ゼロが良い方法だとは思っていないし、不動産投資の話にも賛成できない。不動産投資では、賃貸物件のような収入を生む資産を買って保有することが、富を築く方法だと信じている。あなたはこう言うかもしれない。「でも、次にもっと戸数の多い大きな賃貸物件を買うために、キャピタルゲイン、つまりこの物件で作った資金が必要です。だから、最初の物件を売らなければならないんですと。それはまったく正しくない。必要なのは、投資家のところへ持ち込めるような筋の通った2つ目の投資話だ。彼らがその物件の頭金を集めるのを手伝ってくれれば、不動産投資の儲けで彼らにお返しをするというわけだ。