不動産投資は、 立地条件が決め手

これからの不動産投資は、 立地条件が決め手だと思います。
これからの不動産価格は、都市部と地方の格差がひらくと同時に、同 じ都市圏の中でも地域ごとの格差が広がる。物件ごとの優劣も拡大 する。要するに“二極化”が進むのだ。こうした動きを決定する最大 の要素は、立地条件の良し悪しである。

立地条件がすべてに優先
不動産市場では、個々の物件の立地条件がますますモノを言うようになってきたということでしょう 。同じ地域でも、駅から歩ける範囲で交通の使の良い住宅地では、地価は下げ止まりから上昇の兆候を見せているのに、都心から遠い郊外、あるいは鉄道の駅からパスを乗り継いで行くような住宅地では、不動産価格が下がり続ける現象が出ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *